簡単に捨てられるので便利

簡単に捨てられるので便利

簡単に捨てられるので便利 仕事で疲れた後に家に帰って料理をするのはとても大変なので、その場合にはスーパーやコンビニで弁当を買ったり外食をする人がけっこういます。
ただそのような食生活を続けていたら栄養のバランスが偏ってしまいますしお金もとてもかかるので、それらの点を改善するために色々と工夫をする必要があります。
その中で今注目されているのがポリ袋を活用した料理を作ることで、使った後は捨てるだけで良いので楽ですし様々なレシピがあるので利用している人が沢山います。
シュウマイや肉団子のような中華料理はもちろんのこと、チキンステーキやプルコギ丼みたいな凝った料理もポリ袋に入れておくことが出来るので大変便利です。
その他にもきゅうりの一夜漬けなども入れておくことが出来ますが、これにより時間がある時に沢山料理してポリ袋に閉まっておくことが出来るので本当に助かります。
このように最近では忙しい人の間でポリ袋を使って作った料理を保存しておく人が増えています。

かさばるポリ袋をきれいに畳むときのポイント

かさばるポリ袋をきれいに畳むときのポイント スーパーマーケットなどでもらうポリ袋やごみを入れる大型のポリ袋などは、一度開いてしまうとぐちゃぐちゃになって、かさばったり、使う気持ちになれなかったりしてしまうので、きれいに畳んでしまっておくことがおすすめです。
最近では、ビニール袋をもらう機会が少なくなってしまったので、使いたいときにないということもあるので、きれいに畳んで収納しておきたいものです。
ポリ袋をきれいに畳むときのポイントは、最初にきれいに広げて形を整え空気をできるだけ抜くことです。
平らな机やキッチン台を広くあけて、全体を広げることが上手く畳むためのこつです。
持ち手の部分も折り目にそってきれいに平らにしていきます。
手の平で空気を抜いたら、持ち手がある部分を袋の胴体の方に折り曲げます。
半分に折ると後から飛び出てしまうため、下から3分の1ほどのところに来るように折り曲げると良いでしょう。
次に縦に半分に折り、さらに半分に折ります。
畳みたい幅になったら、幅に合わせて四角や三角に折っていき、最後の部分をポケットになっている部分に挟み込んだら完成です。