ストッカーがあると便利

ストッカーがあると便利

ストッカーがあると便利 スーパーなどでもらったポリ袋をためておくストッカーがあると、キッチンをすっきりと片付けることが出来ます。最近では有料で購入することが多くなったポリ袋ですが、用意しておくと色々な用途に使えて便利ですし、多くの家庭でストックしているものですが置き場所に困るという声を聴くことがあります。
ストッカーは色々な形のものがありますが、下から取り出すタイプの巾着のようになっている布製のタイプが人気です。その他にプラスチック製で下から取り出すタイプなどもあります。これはフックやマグネットなどで冷蔵庫の横につりさげておくと使いたい時にすぐに取り出せて便利ですし、見た目にもすっきりさせることが出来ます。ポリ袋をストックする商品は100円均一などでも販売されていますが、様々有名ブランドからも提案されていますので、お部屋のインテリアに合わせて購入してみてはいかがでしょうか。手がふさがっていても引き出すだけで簡単に使えます。

ポリ袋のストッカーの作り方

ポリ袋のストッカーの作り方 ポリ袋はスーパーやコンビニエンスストアなどでもらえますが、保管しておくとごみを入れたり様々な用途に使えて便利です。スタイリッシュで使いやすい状態で保管するならストッカーを作ってその中に保管することをおすすめします。作り方はとても簡単で、筒状に好きな布を縫い合わせ、その両端にゴムを通して巾着のようにします。
片方の端にフックにつるすことができる紐をつけて完成です。そうすると、上からポリ袋を補充して下から使いたい時に取り出すだけなのでとても簡単です。ポリ袋は色々なサイズのものがありますので、サイズごとに合わせていくつか作っておくと便利になります。
ストッカーは100円ショップなどでも販売されていますが、簡単に作ることが出来ますし自分で作ると好きなデザインや形、素材で作ることが出来て世界に一つだけの作品になりますので、ソーイングセットを持っている人は作ってみてはいかがでしょうか。冷蔵庫の横などにぶら下げておくと便利です。